2021年6月

漁場環境保全の活動 その4

富士川の水質環境保全のため、今回は漁連関係者のみで、令和3年6月9日に雨畑川と早川本流の状況を巡視しました。


○ 雨畑川合流地点の状況

 早川本流は清冽でしたが、流入する雨畑川の透視度は目測で10cm程度しかなく、これより下流の早川は富士川へ合流するまでずっと濁っていました(一番最後に添付した水系図を参考にして下さい)。

 

○ 雨畑ダム湖

流入する雨畑川の透視度は目測で10cm以下でした。大きな崩壊地を有しダム上流で流入する御池の沢の水はきれいで、崩壊に伴う濁りは認められませんでした。また、さらに上流から取水している東京発電の雨畑発電所が稼働していて、清冽な水がダム湖内に放水されていることから、ダムから下流の濁りはやや薄まっていました。

ダム流入部.jpg御池の沢合流より上流の雨畑川 酷い泥濁り

 

○ 濁りの発生原因

  雨畑川支流稲又谷川の堰堤上でバックホーが作業を行っているのが遠くから確認されました。この稲又谷川の上流では昨年7月に大規模な崩落があり土石流が発生し、大量の土砂が下流に押し出されています。ただし、今回は水が濁る時と濁らない時があったことから、発生原因は崩落ではなくこの復旧工事によるものと推定されました。稲又第3.jpg


堰堤上でバックホウが作業中。

 

澄んできた.jpg


バックホーが止まって少しすると、濁っていた水が急速に澄んできた。コンクリートの施設は昨年の土石流で破壊された取水施設。 

 

○ 濁りへの対応

そこで当日帰所後に関係機関へ連絡し、濁りの発生に注意して作業を行うよう、施工業者へ伝えていただきました。それ以降濁りの発生は極端に減少し、本流でもかなりきれいな状況が継続しています(下図参照)。関係者の方々の迅速な対応に御礼申し上げます。

 

6/13pm6.jpg


出展:早川町防災カメラ 令和3613日午後6時の映像

https://www.town.hayakawa.yamanashi.jp/livecamera/hayakawa.html

 

早川のある南アルプスは世界でも有数の隆起地帯であり、多数の崩壊地がある土砂生産の多い川です。早川で発生している濁りについては、これら崩落により発生した濁りに加え、河川工事、砂防工事、砂利採取、河川内仮設道路の流出、発電用取水施設からの排砂等、いろいろな事象が関連しています。このため、濁りの原因が1つではなく複数の要因が複雑に絡み合っていると考えられます。山梨県漁連では富士川水系に清冽な流れを取り戻すため、引き続き関係者と連携しながら改善を進めたいと考えています。

早川水系図.jpg

  また、今回の視察を踏まえ、早川水系での濁りについて、関係漁協と連携して濁りの解決を図るよう、近日中に県へ要望書を提出する予定です。

 


 2021年4月以降に実施される緊急事態措置又はまん延防止等重点措置に伴う「飲食店の休業・時短営業」や「外出自粛等」の影響により、売り上げが50パーセント以上減少した中小法人・個人事業者等に、「月次支援金」が支給されます。
 詳細はこちらをご覧下さい。

https://www.pref.yamanashi.jp/shoku-ks/getsujishienkin.html

漁場環境保全の活動 その3

 前回の合同パトロールの際に、発生した脱水ケーキを保管場所へ搬出する際、状況を見させて欲しいとお願いしました。
 5月28日に一部を搬送するとの連絡があり、状況を視察させていただきました。

3-1.jpg
貯まった脱水ケーキ(汚泥)をダンプで搬送します。

2.JPG
バックホウを使って積み込みます。


3-3.jpg
ダンプは、産業廃棄物収集運搬の許可車両です。

3-4.jpg

3-5.JPG
今回は、保管場所への河川内通路が増水で流出していたため、一時保管場所への搬送でした。

6.JPG
汚泥は後日保管場所へ移送されるとこのとでした。

7.JPG

 状況確認後に、搬送中にこぼれたり、指定保管場所以外への移動が行われないようお願いをしました。
 
 早川水系の一部では、不適切な汚泥の処分が行われ、河川を汚濁しているとの報告があります。このようなことが起こらないよう、今後も漁場環境保全のため、関係者と連携して行きたいと思います。


富士川の水質環境保全のため令和3年521日に関係者で行った河川巡視の報告です。前回の雨畑川に続き、今回は早川本流にある2つの砂利採取工場の排水対策の状況です。

 

○ 洗浄排水処理施設

洗浄水は沈殿分離槽(シックナー)で凝集沈殿材を添加され、沈殿物と処理水になる。沈殿物は脱水圧搾装置(フィルタープレス)で脱水され、汚泥(脱水ケーキ)となって排出される。

シックナー.png

参考:一般的な砂利洗浄排水処理フロー

 (引用元:()マキノのHP http://www.makino-co.co.jp/products/roka/roka01/


 処理水のうわ水が、場外に排出されていた。透視度は目視で1030cm程度であったが、水量は約10Lsec程度であり、本川の透視度に大きな影響は与えていなかった。


IMG_2471.JPG

手前:未処理水、奥:処理水

IMG_2466.JPG

シックナー(沈殿分離槽)


IMG_2464-2.jpg

 















フィルタープレス(脱水圧搾装置)


○ 脱水ケーキ(汚泥)の処理

 脱水圧縮装置から落下した脱水ケーキが満杯になった時に、指定された産業廃棄物保管場へ、産業廃棄物運搬許可を受けたダンプで搬出する。車の都合がつかない時などは、場内の仮置き場へ一時搬入し、後日移送する場合もある。
 現在の保管場所は、民有地を借地している。堆積していた量はおよそ20×20×3m程度あった。
 汚泥堆積場所は河川敷外にあり、降雨により河川に大量に流出する可能性は低いと思われた。

 

IMG_2472.JPG

フィルタープレスから落下した脱水ケーキ


IMG_2476.JPG

汚泥仮置き場


IMG_2452.JPG

汚泥堆積場所


保管場所.png
汚泥堆積場所の表示

IMG_2446.JPG

製品の砂利山


○ まとめ

 土砂の採取時や河川内道路の修復時に、なるべく流路に触れず濁りが出ないように作業してもらいたい。また汚泥の処理を適切に行い流出がないようにしてもらいたい旨要請を行い、了解を得ました。
 また、洗浄用水取水のため引き込んだ河川水が早川へ戻る量(オーバーフロー)が多いと、濁水の発生と関連しているのではないかと危惧する人もいる。このため流量を減らすことはできないか聞いたところ、上流の取水量変動による水位変化が大きいため、ある程度の量を引き込まないと取水できないとの回答であった。

 

 今回のパトロールを通じ、参加した関係者の認識も深まったと思われます。また、砂利採取業者が河川の濁りについて注意し、配慮してもらえることを期待したいと思います。
 今後も河川管理者の協力を得ながら、巡回パトロールを随時実施したいと思います。

1
PAGE TOP ▲