2021年7月

 令和3年6月23日に関係者で行った河川巡視において、雨畑川で酷い濁りが確認されました。一方、雨畑川に流れ込む支流の稲又谷川で濁りは認められませんでした。雨畑川の上流で濁りを発生させる工事等は無いことから、その原因は不明でした。

このため2日後の625日に峡南建設事務所身延支所の担当者の方が、その発生源を明らかにするため現地踏査を行っています。今回その情報をご提供いただきましたので、報告させていただきます。

7-1.jpg雨畑川上流の調査箇所

 

① 御池の沢付近
 雨畑ダム上流の御池の沢合流点付近で、雨畑川の濁りの状況について確認したところ、透視度は10cm以下で、前回623日と同様な濁り方をしていた。

 

7-2.jpg

灰色の濁りが確認できる


7-3.jpg
透視度9.8cm(①10.2、②9.4

 

② 稲又川橋
 稲又川橋の上流には「八潮崩れ」という崩壊地があり、昨年7月に土石流が発生している。この土石流により稲又川橋上流にある稲又第3堰堤が被災し、応急対策工事が先日まで行われていた。

7-4.jpg 7-5.jpg

川の水はやや白いものの透視度は30cm以上あり、崩壊地や復旧工事による影響は、ほとんど認められない。

 

③ 中間部

稲又川橋から下流の雨畑川合流点に向かったところ、中間付近で川が白く濁ってきた。計測したところ、透視度が19.8cm(①21.3、②18.4)まで低下していた。


7-6.jpg

やや白く濁ってきた


 このあたりから澪筋が網目状になり、水位変動に伴い流路の変化する状況が伺われる。

 

7-7.jpg

 澪筋が網状で、固定していない状況

 

④ 合流点

稲又谷川が雨畑川へ流れ込む合流点では、稲又谷川の水が滞留し、濁りが停滞する状況が認められた。

  7-9.jpg

左から稲又谷川の濁水が流入している。雨畑川は手前が上流、上方が下流

 

7-10.jpg

7-11.jpg

合流点下流の透視度は9.2cm(①9.2、②9.1)で、御池の沢付近とほぼ同じ

 

これら4箇所の調査により、稲又川橋で濁りが無くても雨畑川合流点までの間で、人為的影響によらず、流下に伴う濁りが自然に発生していることを確認した。

 

以上が峡南建設事務所の現地調査の結果です。

 

網状流路とは、河川の流路が複数本に別れて流れている状態ですが、これは土砂供給が多かったり、川幅が広がり水深が浅くなることで運搬されてきた土砂が堆積するような場所に良く発達します。稲又谷川は昨年の土石流により河床が数メートル上昇し、現在でも土砂が盛んに移動している状況です。このため雨畑川の合流点付近で勾配が緩くなり、土砂が堆積して網状流路となり、流路の変化等により濁りを発生させていると推定されます。

人為的作用でなくこれだけの濁りが発生していることは、土砂生産の多い河川であることを理解していたつもりでも、かなり驚きの出来事でした。

ただし、御池の沢周辺雨畑川の透視度が623日に5.4cmであったのが、2日後の625日には9.8cmと改善されていました。透視度が改善した理由として、雨畑の雨量観測所で61520日にかけて70mmの累積雨量を観測していることから、降雨後の減水による状況の改善が考えられますが、それ以外に先日まで行われていた復旧工事の影響、測定誤差や変動の範囲内であったことも想定されますが、その原因は特定できていません。

また、上流の崩壊地や砂防堰堤上流の流出土砂の調節区域では濁りが発生せず、稲又谷川の下流でだけ、なぜ濁りが発生していたのか? など確認すべき点は、未だ多く残っています。

これらのことから、引き続き関係者と連携して、濁りの現状確認を進め河川環境の改善を図って行きたいと思います。

 

(この調査の後、梅雨が続き早川流域では累積で200mm以上の降雨があり、現在でも水位が高く濁った状態が続いています。このため、上記状況の継続的な確認はできませんでしたが、リセット後の早川の状況がどうなるか、注視して行きたいと思います)

富士川の水質環境保全のため令和3年6月23日に関係者で行った河川巡視の報告です。今回は雨畑川の土砂搬出のための運搬道路の施工状況及び雨畑川上流の濁りについてです。

なおこれ以降に梅雨の大雨で早川流域には200mm以上の降雨がありました。運搬道路等の施設に被害は無かったとのことでしたが、濁りの発生状況についてはかなり様子が変わっていると思われます。

 

○ 雨畑川運搬道路

雨畑ダム湖上流に堆積した大量の土砂を搬出するために、ダム湖の横からダム堤体の下流にトンネルが掘られています。このトンネルにはベルトコンベアが設置され、ダム堤体下流へ毎日11時間土砂を搬送する計画になっています。そこから下流は川岸の仮設道路で搬出が行われていましたが、増水時には運搬道路が流出してしまうことがありました。このため増水の被害を回避し、効率的に堆積土砂を搬出するための道路整備が行われています。

 

6-1.jpg
地図上の赤線が運搬道路、黒線が土砂搬出用のトンネルでベルトコンベアが設置されている

 

 雨畑ダム湖上流に堆積した土砂の搬出は、ほぼ計画通り進み雨畑川の運搬道路もかなり整備されつつあります。今後は早川本流で流下断面を十分確保できる箇所においては、早川河川敷内に仮設の運搬道路の整備を進めるとのことでした。

 

6-2.jpg

土砂搬出用ベルトコンベアのトンネル出口


 

6-3.jpg

Volvo40ton重ダンプ(約8千万円)!

 

6-4.jpg

運搬道路の施工状況

 

運搬道路は50年確率の出水を想定した流下断面を確保して設置されているそうです。低水路の川岸は巨石で、一段上がった護岸のきわは根固用袋材(ボトルユニット)で保護し、法面は砂防事業で用いられていソイルセメントで固めてありました。ソイルセメントの強度は10N/mm2以上出ているとのことで、コンクリートには劣るものの土羽の護岸に比べれば、洗掘にかなり強いとのことでした。

ただし、ボトルユニットの耐候性や耐摩耗性は高いというものの、ポリエステル製であり最終的には破損・摩耗して海へ流出するであろうことを考えると、その利用については検討をする必要があると思われました。

 

○ 雨畑ダム湖及びその上流での濁り(その4の水系図を参考にして下さい)

東京発電の放水は、雨畑川上流・御馬谷・奥沢からの取水であるため濁りはなく清冽でした。御池の沢の水には濁りは認められず、ダム湖内で流路に触れる掘削は行われていなかったのですが、ダム流入部の雨畑川は酷い濁りで、透視度は5.3cmしかありませんでした。

6-5.jpg

御池の沢合流直上の雨畑川。

 

○ 稲又谷川

 雨畑川の濁りの原因を確認するため、上流で濁りが発生すると考えられる稲又第3堰堤へ行って見たのですが、堰堤直下の水はきれいでした。堰堤上で復旧工事は行われていましたが、濁りの出る作業ではないとのことで、この時は濁りの原因は分かりませんでした。

(この原因について、峡南建設事務所身延支所が自ら調査しています。次回の保全活動 その7 に続きます)


6-6.jpg

 

稲又谷川の流れは清冽でした。

富士川の水質環境保全のため、令和3年6月23日に関係者で行った河川巡視の報告です。今回は早川本流にある2つの砂利採取工場の排水対策についてです。


○ 砂利採取工場の排水対策

 今回巡視した2箇所の砂利採取工場は、第1回の合同パトロールで巡視した所と異なり、洗浄排水処理施設として円筒形の沈殿分離槽(シックナー)や脱水圧搾装置(フィルタープレス)がない施設でした。


1.jpgのサムネール画像
責任者から説明を聞く

1箇所は、砂利洗浄水に凝集沈殿材を添加し、沈殿池で沈殿物を沈下させ、沈殿物を取り上げて乾燥させていました。

処理水のうわ水も、透視度が目視で10cm以上あり、水量も少なかったことから、本川の透視度に大きな影響は与えていませんでした。ただし、洗浄水が一度川岸近くへ流下し、そこから循環ポンプで沈殿池へ移送しているので、ポンプが停止した場合濁った洗浄水が本川へ流出してしまうことから、ポンプの運転状況には十分注意するようお願いしました。


2.jpg

砂利洗浄水が流下する水路が川岸にある。この先に循環ポンプが設置されている。


2箇所目の砂利洗浄は「完全循環方式」で不足分のみ河川からポンプ揚水するので、余剰排水はありません。また沈殿池が200m近くある長大なものなので、凝集沈殿剤は使わずに自然沈下させ、バックホーで沈殿物を取り上げて乾燥させていました。

両事業所とも、余程の大雨で無い限り、河川への流出は無いと考えられましたが、強い降雨等があっても汚泥が流出しないようお願いをしました。

 

○ 汚泥の処分について

両事業所とも、場内に堆積している汚泥は非常に大量にありました。これは法規制が強化されたH17年以後、汚泥は搬出されることなく場内にほぼ堆積しているためだそうです。


3.jpgのサムネール画像のサムネール画像

沈殿池と自然乾燥させている汚泥

 

4.jpgのサムネール画像

積み上げられた汚泥の山と沈殿池


なぜなら、産業廃棄物の汚泥を処理する施設が山梨県内にはなく、県外で処理すると18万円/台するので、事業として成り立たないからだそうです(砂で2千円/トン、砂利はもっと安い)。

このため、「県でも移動を規制するばかりで無く、他所で行われているように、規制の範囲内で改良土として堤防盛土、護岸裏込、路床構築等の再利用するための道筋を示して欲しい」との話がありました。

 砂利採取事業は、早川町の重要な産業となっています。地域活性化と環境保全の両立を図るためには、汚泥の処分方法検討することが濁水問題の解決につながる可能性があると考えさせられる内容でした。今後機会があれば関係者へ話を伝えたいと思います。



1
PAGE TOP ▲